洗面所の片づけ

洗面所を片付けていきましょう。
洗濯機の上に置かれた生乾きのタオル、乱雑に置かれた洗剤容器、無造作に並べてある化粧品など……そういったものをキレイに片づけて、上手に収納していきましょう。

 

ここでの収納も、ラックの登場です。
下の方の棚は外してしまって、上だけ残します。
下の棚を外す理由は、そのラックの足の間にはさむように洗濯機を置くからです。
ですから、ラックは洗濯機のサイズを測ってから、下に洗濯機がおける大きさのものを選んで下さいね。
洗濯機専用の、最初から下部分が開いているラックも市販されていますので、そういったタイプを選んでもよいでしょう。

 

上の棚には、引き出し付きの収納ボックスを並べて置きます。
これでバスタオルやハンドタオル、そしてヘアドライヤーなどを収納することができます。
もちろんお掃除のときに使う洗剤類も、ここに収納できます。
ここに下着やパジャマをしまっておくというのも手ではないでしょうか。お風呂の入った後に、ここからすぐに寝間着に着替えることができます。

さて、洗濯機の前の部分には、使用中のバスタオルをかけられるバーを取り付けましょう。
こうすれば使いたいときにすぐに使えますし、湿ったままグシャっと置いていつまでも乾かないまま放置するなんてことは避けられます。

 

洗面台の下だって、立派な収納スペースです。
ここにお掃除のときにつかうバケツを置いたり、小物入れを置いて中に化粧品類を収納できます。

 

おトイレも工夫次第で収納スペースを確保できます。
例えばつっぱり棒は、吊り下げるばかりが能ではありません。タンクの上あたりにつっぱり棒を取り付け、その上に収納棚を置くことができます。こうすれば、その収納棚の上にカゴなどをおいて、その中にトイレットペーパーなどを収納することができますね。つっぱり棒の下にフックを取り付ければ、そこに手を拭くタオルをかけることもできます。