片付きだす考え方

片づけや掃除をしようと思っても、今までそれをサボってきていたのなら、そう簡単に人が変わったかのように整理整頓などができるようになるわけがありません。
あわてずに、少しずつ自分を変えていきましょう。

 

まずは、ちょっとずつ片づけるクセをつけていきましょう。これはとても大切なことです。散らかったり、汚れたりするのも少しずつですから、それをちょっと上回るスピードで片付けていけば、必然的に身の回りが整理整頓されていきます。またこれは、キレイに片付いたお部屋を維持する上でも役に立ちます。

もちろん、その「ちょっと」が大変なのは分かります。でもその「ちょっと」を乗り越えなければ、何も始まりません。気負う必要はありません。1日にたったの5分だってよいのです。まずは行動にうつしましょう。その気持ちは、きっとむくわれますよ。

 

だけど最初は何から手をつけたらよいか。

片づけが苦手な人は、それを決めるのすら難しいようです。分かってはいても、どうも乗り気にならないとか、後でやろうという感じでなかなか着手ができないのです。

それであれば、絶対に必要のないものを捨てることから始めましょう。丸めた紙くずや、空き缶や空きペットボトルなど、完全なるゴミなら捨てることに抵抗はないでしょう。

 

すぐできることをまずやります。そして、それが終わったら、自分によくやったと褒める意味で、おやつでも食べましょう。

完全なるゴミを全部捨てられたら、今度はテーブルの上のものをすべて片づけてみてはいかがでしょうか。テーブルならせまいですし、着手しやすいと思います。簡単なことから、本当に「ちょっと」ずつ始めましょう。